音楽サブスク(新作情報あり)

最近番頭さんもようやく「サブスク」というものを使いはじめましてね

とは言ってもApple Musicという音楽配信サービスの定期購入だけなんですが、まあ楽ですね



今までは好きな音楽はちゃんとレコードやCDを買って聴くタイプで、大学生の頃は貸レコード屋が全盛だったのですが、それもいちども利用せず、学生協が企画する中古レコード市で探したり、バイト代もらうと新宿の輸入レコード店に行って、レコードでパンパンになった紙袋を両手に提げて電車の駅から15分も歩いて帰ったものでした

おかげで学生時代は約300枚のレコードが集まり、引っ越すたびに底の抜けそうな段ボール箱をいくつも抱えながら階段を上り下りすることになりました(笑)ホント重いんですあれ

レコードからCDに大きく変わったときはほんとうに有難かったです。なんせサイズが31㎝から12㎝ですからね、引っ越しもかなり楽になりました

そして今度はそのCDすらも要らなくなってるわけですからおそるべきはその時代の変化です。そして番頭さんがサブスクに手を出すきっかけとなったのが車を昨年末に買い替えたことです

ついてないんですよ、そもそもカーオーディオにCDプレイヤーが!

ディーラーの友人曰く、「トヨタの車にはもう付かないよ」「たぶんほかのメーカーもどんどんそうなるよ」「USBメモリーかスマホに入れた音楽をBluetoothで飛ばすしかないね」と突き放すような言い方。挙句の果てには「ぜってー簡単だよw」←契約のときにPC使いこなせなくて若い衆を助けに呼んだヤツが何を言う(笑)

もうそれを知ってから、仕事しているようなふりをしながらCDをPC経由でUSBメモリーに落とす作業に没頭



で、そんなとき音楽配信のサイトを覗いてみて、毎月1,000円程度ならと思い切って登録してみました

「なにこれ、えらい楽じゃんw」

その昔レコードを探して新宿・渋谷・池袋・神田と一日中歩き回ったあの曲もタッチ3回でスマホに入りました、あははは😂

ここのところ、お店で流す音楽ももっと日本の曲をかけなさいと奥方様から怒られていたので、これを機会に探しまくり。日本の曲は一部を除いて得意じゃなかったのですが、Apple Musicを頼りに今更ながらいわゆるJ-POPってやつを学び直しております




日本の曲ってことで、ある思い出を

番頭さんは高校生の時に親のスネにしつこくカジリついて、夏休みの間アメリカにホームステイさせてもらったことがあるんです。ちょうどディスコミュージック全盛期で、ノリのいい音楽に囲まれて1か月を過ごしました。その帰りの飛行機(JAL)の中で音楽を聴きました。その年に発売されてヒットしていた、高校生はあまり聴かないようないわゆる「ド演歌」が流れてきました。なぜかものすごく胸が震えましたね。日本人のDNAなのか、これが郷愁というものだったのかもしれません

これだったんです

心からご冥福をお祈り申し上げます





奥方様の新作です

素材はいずれも綿100%のコーデュロイなので暖かいですが、あえてパステル調の色で春も意識してみました

お問い合わせをお待ちしております



では今回もご覧いただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

なのにあなたは

次の記事

新作情報